寝違いの治し方・治療法

寝違いの治し方について:本サイト寝違い.COMでは寝違えの症状、原因、治療方法に関する情報を専門に解説しております。 寝違い(寝違え)とは何らかの原因で首に炎症を発症する事によって痛みや動きの制限が加わる障害です。寝違いの原因は、頸部の炎症系障害と神経系の障害の2つの原因が考えられ対処法も異なるので注意が必要です。本サイトが寝違いの症状にお悩みの方、また寝違いについてお調べの方のご参考になれば幸いです。

寝違いの治し方・治療法の解説(サイトマップ)

寝違いとは?
 寝違いの主な症状の特徴としては朝起きたときに突然首が動かなくなる。という寝起き時に症状が発生するパターンが大半です。このような症状が発症してしまった場合は、寝違い障害を発症している可能性…(続きを見る)

寝違いの独特な症状
 寝違いの症状は基本的に首を中心に独特の症状を発症します。以下の症状のいずれかに該当する場合は、寝違いの可能性が考え…(続きを見る)

寝違いの原因は頸部の炎症
 寝違いを発症すると、その痛みは想像以上の痛みを生じるケースが多くあります。この痛みの主な原因は頸部の炎症による痛みが主な原因です。寝違いの発症パターンとしては…(続きを見る)

深い眠り・泥酔時は要注意
 通常、人は眠っている場合、常に体のポジションを無意識に変えながら眠っております。これは、一部分へかかる負荷を軽減する為に、無意識にとる行動です。しかし、例えば泥酔している時…(続きを見る)

寝違いを発症するパターン
 寝違えの原因は、その名の通り、「眠る際の姿勢」が大きく関与していると考えられております。特に寝違いを発症する原因としては、睡眠時の「腕の位置」の影響が大きな要素…(続きを見る)

手・足にしびれを伴う場合
 寝違い症状を感じる際に、手や足などに「しびれ症状」を伴う場合は、神経系の障害の可能性が考えられます。頚椎の損傷による神経系の障害には様々な障害…(続きを見る)

寝違えの診断方法
 寝違い症状を発症してしまった場合は、神経系の障害を併発していないかのチェックが何よりも重要です。ですから、疑いがある場合は必ず医師の診察を受ける必要があります。医師はこのチェック方法…(続きを見る)

寝違いの治し方・治療法
 医師の診察を受け、腱反射などのチェックが正常であった場合は、通常の寝違い症と判断されます。と言っても、寝違い症と言えども痛みの範囲は様々でかなりの激痛…(続きを見る)

治療後の回復期間の目安と治療に関する注意点
 寝違い症の治療を開始後の回復期間の目安としては治療開始時から約10日前後です。寝違い症による炎症は5日〜7日程度で収まってきます…(続きを見る)

自分で行う応急処置
 朝起きて寝違い症状が突然発症してしまった場合のケースについてご説明します。寝違い症状を発症した場合は、医師の診断を受ける事が非常に重要です。これは、前述した神経系の障害が原因…(続きを見る)

他の障害を併発している可能性について
 病院の診察を受け、診断を行った際に、反射や機能障害が確認された場合は、寝違い以外の障害の可能性を検討する事になります。急性的・突発的に症状が発症した場合は、首への外力が急激にかかったケース…(続きを見る)

頚椎椎間板ヘルニアとは?
 首の寝違い症と頚椎椎間板ヘルニアは類似症状がありますがその障害の内容はまったく異なります。頚椎ヘルニアは、頚椎の圧迫による神経痛からくる首の痛みが原因…(続きを見る)

寝違いとムチウチの違い
 首の障害のひとつにムチウチ症があります。このムチウチと、寝違いの違いが混雑して把握してしまっている方が以外にも多くいます。寝違いとムチウチの大きな違いは、寝違いが同一部位への継続的な負担による炎症の発生…(続きを見る)