寝違いの治し方・治療法

寝違いの治し方について:本サイト寝違い.COMでは寝違えの症状、原因、治療方法に関する情報を専門に解説しております。 寝違い(寝違え)とは何らかの原因で首に炎症を発症する事によって痛みや動きの制限が加わる障害です。寝違いの原因は、頸部の炎症系障害と神経系の障害の2つの原因が考えられ対処法も異なるので注意が必要です。本サイトが寝違いの症状にお悩みの方、また寝違いについてお調べの方のご参考になれば幸いです。

寝違いとは?

 寝違いの主な症状の特徴としては「朝起きたときに突然首が動かなくなる」という寝起き時に症状が発生するパターンが大半です。

 このような症状が発症してしまった場合は、寝違い障害を発症している可能性が考えられます。

 寝違いは、頚部が何らかの原因で「炎症」を起こすことによって発症する障害です。

 寝違いは場合によっては1ヶ月程度痛みを引きずることもあり、馬鹿に出来ない障害といえます。

 寝違い症状の発症パターンには様々なケースが存在し医学的に確実な発症原因は未だ解明されておりません。

 しかし、「眠っている時の姿勢」が大きく寝違い症の発症に関与していることが近年確認されつつあります。

寝違いの独特な症状について

 寝違いの症状は基本的に首を中心に独特の症状を発症します。

 以下の症状のいずれかに該当する場合は、寝違いの可能性が考えられます。

【寝違い症状の特徴チェック一覧】
●寝起き時に首にこわばりがあり起きるのが辛い
●急激に首を横にまわすと激痛が走る
●首をまわす角度が大きくなるほど徐々に首の痛みが増す
●無意識に横を向く際に、体ごと回してしまう
●腕がだるい・腕にしびれがある(特に前腕部分)
●上を向くのが辛い

 以上の症状が寝違い症状の特徴です。

 尚、痛みとともに「しびれ症状」などを併発している場合は神経系の障害を検討する事となります。

寝違いの原因は頸部の炎症

 寝違いを発症すると、その痛みは想像以上の痛みを生じるケースが多くあります。

 この痛みの主な原因は「頸部の炎症」による痛みが主な原因です。

 寝違いの発症パターンとしては
●急性的・突発的原因
●慢性的原因
 の2つの原因が考えられます。

 中でも一般的に見られる寝違いは「急性的・突発的原因」によるものが大半のケースを占めます。